ローランドの鍵盤タッチ

エスケープメント機構を初めて採用

アコースティックピアノの鍵盤を押し込んだ時、弦を叩く瞬間のハンマーのクリック感を再現するエスケープメント機構をほぼ全モデルに適用。
音域の違いによる重さや強弱の違いによる重みの感じ方など、様々なケースにもリアルさを追求しています。

ローランド独自のプログレッシブハンマーアクション鍵盤は進化を続け、IIIでは演奏者の微妙なタッチ・強弱の違いにまで繊細に再現します。

また、弾く位置による違和感がないように、鍵盤の支点にも注目し、より自然な演奏ができるような構造が練られています。

タッチレビュー

ヤマハのグレードハンマーに比べるとやや軽いものの、適度にハンマー感覚の重みを感じる鍵盤です。
独特のエスケープメント機構についてはスローテンポで押し込んだ時に意識するくらいですが、強弱やテンポは関係なくとても弾きやすくバランスの良い鍵盤であるという感覚です。

※あくまでも筆者の感覚ですので、演奏者によって感じ方は異なります

ローランドのおすすめ商品へ
ローランドの特色へ
ヤマハの鍵盤タッチへ
カワイの鍵盤タッチへ
カシオの鍵盤タッチへ