タッチについて

アコースティックピアノの発音の仕組み

通常ピアノは、鍵盤を押さえた時に鍵盤の奥のハンマーが作動し、ピアノ内部にある弦を叩くことで発音します。
グランドピアノでは横、アップライトピアノでは縦に設置されているという違いはありますが、いずれもハンマーで弦を叩く仕組みであることは違いありません。

そのため、鍵盤を押さえてから音が出るまでの間、指で感じる感覚は鍵盤を押し込む力のほか、奥でハンマーが動く重さ、鍵盤をはじく際のクリック感など、いくつかの特徴的な重さや感覚があります。
また、音域により弦の太さがことなることからハンマーの形状も均一ではなく、低音域ほど重く高音域ほど軽いアクションになるといった違いもあります。
そのため鍵盤タッチというのは、ピアノにとって非常に大事な部分であるのは間違いないのですが、この仕組みがあるが故、大きく重い楽器になってしまっているのは確かなのです。

電子ピアノの鍵盤タッチ

電子ピアノはアコースティックピアノのデメリットの一つである、重さと大きさを解消するポイントもあるため、構造は全く異なってきます。
そんな中でもいかに本物の鍵盤タッチに近づけることができるか、というのは大きなポイントになってくるのです。

最近では各社ともアコースティックピアノとは異なるものの、コンパクトでリアルさを追求したハンマーシステムを導入しています。
ただ、以前はだいぶメーカー間での差であったり、モデル間での差があったものですが、近年いずれのモデルについても、単独で触れる限りはかなりリアルな鍵盤になっているという印象を受けます。

各社が採用している鍵盤のタッチシステムについては、各メーカーの取り組み部分で解説していきます。。

ヤマハの鍵盤タッチへ
ローランドの鍵盤タッチへ
カワイの鍵盤タッチへ
カシオの鍵盤タッチへ