MIDI端子とUSB端子

MIDI端子でできること

MIDIとはMusical Instrument Digital Interfaceの略で、直訳すると「電子楽器デジタルインタフェース」となります。
1982年に電子楽器の増加と共に機種を超えたデータの共通規格として定められた規格です。

MIDI端子とは、この規格のデータを電子楽器間でやり取りするためのMIDIケーブルを差し込む端子です。
オーディオケーブルなどと同様信号は単一方向であり、インプット用のMIDI IN端子とアウトプット用のMIDI OUT端子があります。
そのため他の電子楽器からデータを受け取って電子ピアノの音を鳴らす場合はMIDI IN端子への接続。
逆に電子ピアノの鍵盤を弾くことで他の電子機器の音源を鳴らす場合などはMIDI OUT端子へ接続することになります。

一昔前は、MIDI形式の曲をフロッピーディスクに記録した商品が人気で、専用のデータを読み込む機器と電子ピアノをMIDIで接続することによりデモ曲を拡張するような使い方も見られました。
ただ、最近はデータを気軽に扱えるPCの進化や、さらに簡単に扱えるUSB端子とUSBメモリの普及により、家庭での電子ピアノにおけるMIDI利用は減少傾向にあります。
また、普通に電子ピアノ単体でピアノを楽しむうえではまったく気にすることのない端子ととらえて構いません。

USB端子でできること

USB端子と言えばPCなどでおなじみですね。
ケーブル一本でキーボードやマウス、デジカメや携帯電話まで接続できてしまう簡単で汎用的な規格です。

最近の電子ピアノでは、このUSB端子を搭載した機種が増えてきています。
特に「USB to DEVICE」や「USB to HOST」と表記がある場合がありますが、電子ピアノではどんな用途があるのでしょうか。

「USB to DEVICE」は主にUSBメモリを接続します。
USBメモリに入っているMIDIデータやオーディオデータを電子ピアノで再生したり、逆に電子ピアノで弾いた曲を録音してメモリに保存することもできます。
保存したデータはパソコンだったり携帯ミュージックプレーヤーで聴けるものもあります。
ただし、機種によってこれらの機能には差がありますので、「USB to DEVICE」がついていて利用を考えている場合は、その機種にとってどんなことができるかをしっかり調べたうえで購入しましょう。

「USB to HOST」は主にパソコンなどと直接接続します。
前述のMIDIと同じような機能がケーブル一本でできるので、手軽です。
パソコンにあるMIDIデータを電子ピアノで再生したり、逆に電子ピアノをMIDIキーボードとして使用することができます。
ネットにつながったノートパソコンとUSB接続すれば、直接ネット上のデータやダウンロードしたデータの再生ができ、多彩な楽しみが広がるでしょう。

他の比較項目を見る