デモ曲って?

デモ曲とは

デモ曲とは、電子ピアノに内蔵されている自動演奏曲のことです。
有名なピアノ曲だったり、音色ごとに用意されている音色紹介用の曲だったり様々です。

目的の一つとして、そのピアノにある音源でこれだけの演奏が可能ですよ、という紹介の意図があります。
もちろんBGM用途として、弾いていない際に心地よい音色を奏でてくれます。

ただ、鍵盤が勝手に動いてくれるわけではありません。
あくまでも内部にプログラムされたデータがあって、直接音源を鳴らしているだけですので、音楽プレーヤーのような機能と言えます。

レッスン機能について

もう一つの大きな目的として、レッスン機能として内蔵しているケースがあります。
メーカーによってはデモ曲数とは別にまとめていることもありますが、デモ曲にまとめられているケースがありますので、同じくくりとして考えていきます。

レッスン機能とは、ピアノ練習曲だったり、有名なピアノ曲の練習をサポートすべく、模範演奏として用意されています。
大抵のケースでは、右左パート別・テンポ調整可能といったように、分けたりゆっくりしたり初心者や初めて弾く曲でも簡単にわかりやすく取り組めるように工夫されています。
まるでピアノ講師が弾いてくれるような感覚で慣れていけるため、まさにピアノのレッスンをする機能と言えます。

ただし、前述の演奏されるだけのデモ曲に比べ、どの電子ピアノにもついている機能ではありません。 レッスン機能を使用したい場合は、必ずどのような曲が入っているのかをチェックしたうえで選択することが重要です。

デモ曲を増やすことができる機種がある

機種によってはMIDI端子やUSB端子を介して、外部データを取り込んで再生することもできます。
例えばネットでダウンロードした曲や購入してきた曲をUSBメモリに取り込んで、電子ピアノのUSB端子にセットすることで、無限にデモ曲やレッスン曲を増やすことができるのです。
もし最初のデモ曲ラインナップがあまり気に入らないからと言って、それだけを理由に迷っているようであればこのような機能も検討してみましょう。
ただし、USB端子などは機種によってはついていない場合もありますので、使う予定がある場合はしっかりと事前確認しておきましょう。

MIDI端子とUSB端子
他の比較項目を見る