比較項目について

演奏者としてはまず鍵盤タッチ

数ある情報の中で、もっとも重要と思われる部分は鍵盤のリアル感ではないでしょうか。
レッスンに使用する場合、音楽教室や発表会で弾くアコースティックピアノとあまりに違うようだと、微妙なタッチの再現部分で大きな差異が出てしまうことがあります。

とは言え、最近の電子ピアノは各社かなり改良されており、特に電子ピアノ同士では並べて引き比べないと違いを感じないないほどリアルになってきています。

そんなタッチについては下記ページで詳細に解説していますのでご参照ください。

鍵盤タッチについて

正確に再現される音も重要

次に大事なのが音でしょうか。
電子ピアノの音は、主に実際のアコースティックピアノの音を録音したものが再生されています。
もちろんそれぞれの鍵盤の音だったり、強く弾いた時と弱く弾いた時の違いなど、様々な音色がありますので、これを正確に再現するのは各社かなり工夫している部分でしょう。

また、カタログを見ていると最大同時発音数という項目があります。
アコースティックピアノでは鍵盤を押したら押しただけの音が鳴りますが、実は電子ピアノではそうはいきません。

前述の音源と最大同時発音数については以下の別ページで解説していますのでご参照ください。

音源って?
最大同時発音数って?

その他、見ておきたい情報

音に関しては前述のとおりですが、それを再生するスピーカー、モデルによってはスピーカーボックス、アンプなども心地よい演奏を楽しむうえでは重要になります。(ヘッドフォン使用時は関係ありません)

録音機能を使いたい場合は録音可能曲数や、外部メディアの使用可否、両手別やアンサンブルまで録音したい場合はトラック数もチェックしておく必要があります。

他にもピアノ以外の音色を使用したい場合、音色数のチェック。
レッスン機能やデモ曲で楽しみたい場合は、搭載されている曲目や曲数のチェックの他、外部メディアによる追加が可能かどうかも。
高低調節のできるイスが必須であれば、付属品のチェックもしておいた方が良いでしょう。

最後に、設置場所におけるかどうかのサイズや、設置後も気軽に部屋の模様替えをしたい場合は重さもチェックしておくといいかもしれません。

デモ曲って?
音色数と録音機能
MIDI端子とUSB端子