ローランド

基本機能充実で絞ったラインナップ、HP・RPシリーズ

ヤマハで言うところのCLPシリーズ低価格帯モデルとガッチリ勝負になるHP・RPシリーズは、やはり基本性能の高さがポイントです。

特に高価格帯モデルともなると、アコースティックピアノ顔負けのリアルさを追求するなど、電子ピアノのジャンルとして進化し続けています。
残念ながらほとんどのモデルが市場価格20万円以上となるため、このサイト的には扱うモデル数が少ないのですが、両シリーズとも廉価クラスのモデルにおいてもその高い基本機能は折り紙つきです。

ヤマハが誇るコンサートグラウンドピアノをモデルとした高品位な表現力はさすがと言えるレベルです。

ローランドのおすすめ商品へ

高価格帯モデルには電子メーカーならではのアイデアも

このサイト上では比較対象とはならないものの、譜面台に設置された大画面モニターに様々なレッスン機能が映し出されるデジスコアシリーズは、まさにローランドならではのアイデアと言えます。

また、グランドピアノの形を模したデジタルグランドシリーズに至っては、ヤマハとは違った意味で電子ピアノの進化の一つの形を感じることができます。

ピアノというアコースティックでも独特な楽器ながら電子楽器として非常に高い次元で完成させているイメージが強いローランドのラインナップです。

エスケープメント採用のプログレッシブハンマーアクション

進化を続けるローランドのプログレッシブハンマーアクション鍵盤ですが、音域での違いはヤマハと同様。
特徴は鍵盤を押す過程の抵抗感で感じるクリック感を採用したエスケープメント機構です。

詳しくは下記鍵盤タッチのページにて紹介しています。

ローランドの鍵盤タッチへ

サンプリング音源は電子楽器に精通した強みでお手のもの

サンプリングマシンと言えばローランドともいえるくらい、音のサンプリングについてのこだわりは半端ではありません。
タッチの強弱・音の減衰・ダンパーの余韻に至るまで精密に行われています。

また再生機能においても、様々なケースであったり音域によりスピーカーからの出し方であったり、音の届き方におけるこだわりも素敵です。